ハンマー井口のホワイト日記

音楽大半・たまに読書感想・アイディア少し。たまに愚痴!笑

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

カスタム検索
最新記事
FeedWind

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宜しければ、クリックお願いします。
バーナ

粒子線治療とイオンビーム2

1からの続きです.

まだ,イオンビームの話にたどり着いていない.笑
イオンビームは電子ビーム同様,高エネルギーを持ったイオンを加速させる物である.より高エネルギーの電子・イオンビームを作るための装置として,シンクロトロンやサイクロトロンがある.まぁ,専門家でもない限りわかりっこないが,生成されたイオンに電圧を少しずつかけ,さらに運動エネルギーを持たせる装置のことである.それにより高エネルギー粒子を生み出す.高エネルギー粒子になったときに物体に照射する.(少し間違っているかもしれない.私が研究しているのはレーザーイオン加速器なので・・・苦)

電子・イオンビームを用いる際には高電圧を使用するためそして,シンクロトロンやサイクロトロンと調べてくれればわかるように物体に少しずつ運動エネルギーを加えるため,高エネルギービームを作ろうとすればするほど,とてつもなく大きな装置になる.現在,日本で粒子線治療が受けられる施設は全部で8つ.福井県と鹿児島県に1つずつも建設中なので10施設である.(九州国際重粒子線がん治療センタープロジェクトのページを参考:http://www.pref.saga.lg.jp/web/_25047.html)

まだまだ,粒子線治療自体確立されておらず,保険の対象外になっているため治療費が300万円ほどかかるということ.もっと粒子線治療装置の数が増えれば,医療技術向上につながり保険の適用にも繋がると思う.

そんな中,電子・イオンビームを作る際に高電圧ではなく高強度レーザーを用いた加速器が提唱されてきた.これが私の研究であるレーザーイオン加速器である.最大のメリットとして,レーザーを用いることで建物の省スペース化に繋がることである.性能が高くなれば,一式を持ち運ぶことだって出来てしまう.高電圧を用いた場合であるとシンクロトロンやサイクロトロンは地面に植えつけられていて持ち運ぶことは不可能であるためレーザーイオン加速器は医療の普及に大きく貢献できるとされている.

しかし,まだまだ研究の段階であり実際の装置も現在のところ建物程度の大きさの装置であるため,実験は限られた大学と研究所でしか出来ていない.

そこで,私の研究は数値計算シミュレーションで装置を仮想的につくり計算を行っている.
といってもまだまだわからないことだらけ.電気科卒である私にとって回路設計をせずに,物理を勉強し計算のプログラムを作っている.なんでこんな研究室に入ったのだろうと思うときも多々ある.笑
時間があれば,自分のコードをつくりそのコードで計算を行いたい.

これが今の私の研究だ.

物理に関してはわかったのだが,計算コードは・・・.あと,実験したい・・・.

計算と実験と物理が出来れば俺は無敵なのだが・・・.

長々と書きました.研究は楽しい.しかしDrを考えるとかなりの不安がある.なので就職活動をがんばります.
スポンサーサイト

宜しければ、クリックお願いします。
バーナ
ブログ始めて何日目?
プロフィール

ハンマー井口

Author:ハンマー井口
ハンマー@管理人 
北海道滝川市出身
その後色々あって、今は社会人。
その色々は過去の記事を読んでね。
[PR] FC2ブログ


Skype Me™!

「今の目標」

ブログランキング
FC2ブログランキング
クリック募金。
guitar chord
twitter
 
 
 
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 
 
本棚
 
 
Categories
 
 
Monthly_Archives
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。